犬にこの飼い主に巡り合って良かったと思ってもらえるように、大切に育てることが大事です。

ペットを飼育する心構え

 

犬がいる家族

 

ペットを飼う事は、家の中が賑やかになり、癒しの相手だけではなく家族の一員として、大きな存在になります。

 

しかし、ペットを飼うには飼い方の基本を理解して正しく飼育する事が求められます。
当サイトはペット飼育時の心得や飼い方の基本を紹介して、愛犬を長生きさせる秘訣をまとめました。

ペットを飼う時は、責任を自覚する事が大切

 

ペットショップで一目惚れして、勢いでペットを飼い始める方もいますが、ペットを飼う事は、そのワンちゃんの生涯の面倒を見る責任があります。

 

犬の場合、犬種にもよりますが、平均寿命は10年~15年です。

 

もちろん平均寿命まで長生きしてもらう為には健康に気を配ってあげたり、与える食べ物に気を使ってあげなければいけません。

 

ドッグフードにしても商品によって原材料などが全然違いますので、「売っているのなら何でもいい」という考えではなく、安心して与えられる商品を選ぶ事が大事です。

 

たくさん商品があり情報も錯綜していますので、ドッグフードランキングを参考にしてみるといいでしょう。

 

犬にこの飼い主に巡り合って良かったと思ってもらえるように、大切に長年飼育していく事が大切です。

 

 

犬種ごとの特徴を理解する

 

ペットは犬種によって、特徴や手間がかかるポイントが違います。
柴犬やコーギーなど、運動量が活発な犬は、毎日散歩で運動させる時間を確保しないといけません。

犬の散歩

 

散歩を怠るとストレスを感じるだけではなく、便秘など体調を崩すリスクもあります。
散歩中に屋外で排泄する事に癖が付いてしまうと、家の中のトイレで用を足さなくなるので、雨などの天候も関係なしに1日2回前後欠かさず散歩に行く事が大切です。

 

プードルをはじめ、長毛犬の場合は定期的にトリミングなど、毛の手入れを行い、夏場は暑さにバテないように人が家にいない時でもエアコンを付けっぱなしにするなどの配慮が必要です。

 

犬を飼い始める時は、散歩や手入れのコスト面を理解して、犬のために生涯必要な手間とお金をかけていく覚悟が必要です。

 

 

ペットを飼う時の基本

 

ここでは、はじめて犬を飼う時の基本を紹介します。

 

ケージや犬小屋を用意する

 

ペットを飼い始める時は、ケージなど、犬の寝床専用スペースを用意します。
しつけをマスターすれば、ケージなしで人間と共存できる犬もいますが、トイレを覚えておらず、イタズラが多い幼犬のうちは必ず最低限の設備を用意しておきましょう。

 

 

定期的にワクチン、予防接種を行う

 

人気の犬種では、購入時に数十万円の費用がかかりますが、その後も世話をしていくには、ワクチン予防接種をはじめ様々な費用がかかります。
犬を飼う時は1年に1回は狂犬病の予防接種を行い、その他混合ワクチンを定期的に打つ必要があります。

 

犬を飼い始めたら、まずは利用する動物病院を探して、獣医に相談しながら必要な処置や、去勢・避妊などを検討する必要があります。

 

ワクチンについて

 

 

ペットのしつけは最初が肝心

 

犬と女性

犬は頭が良く、トイレやお手やお座りなどの一芸を覚える事ができますが、正しくシツケをしないととんでもない性格になってしまう事があります。

 

幼犬から飼い始める場合は、最初が重要で特に生後5ヶ月までに覚えた事は一生忘れないと言われています。
早い段階から、トイレの場所を覚えさせたり、甘噛み・いたずらの抑制、餌を決めた時間に定量与えていく癖を付けましょう。

 

人気犬種ランキング

 

一般財団法人、ペットフード協会が公表している人気犬種ランキングは次の通りです。
(参考URL:http://www.petfood.or.jp/data/ranking/)

 

プードル
チワワ
ダックスフンド
ポメラニアン
ヨークシャー・テリア

 

6位 柴犬
7位 シー・ズー
8位 パピヨン
9位 フレンチブルドック
10位 マルチーズ
11位 ミニチュアシュナイザー
12位 コーギー
13位 バグ
14位 ゴールデン・レトリバー
15位 ラブラドール・レトリバー
16位 ミニチュアピンシャー
17位 スパニエル
18位 ジャック・ラッセル・テリア
19位 ボーダー・コリー
20位 ビーグル

 

 

小型犬が人気

 

ランキングを見ていただければ分かるように、上位には小型犬が並んでいます。
TOP10の中で大きい犬種は柴犬で小型犬と中型犬の両方に分類される事がありますが、柴犬も最近は豆柴小豆柴などの小柄な犬種が流行しています。
大型犬では、14位・15位に入っているレトリバー系が人気で、全般的に洋犬が大半の需要を占めています。