犬の病気や怪我を補償するペット保険の加入がおススメです。

犬のかかりやすい病気

 

獣医と犬

犬も生き物ですので、長く飼育していくと愛犬が病気になってしまう事もあります。
犬の病気は、健康保険の適用がないので原則飼い主の自己負担になります。
最近では犬の病気や怪我を補償するペット保険の加入率が増えてきました。

 

ここでは、これからペットを飼う方やペット保険の加入を検討している方のために、犬のかかりやすい病気をまとめました。

 

 

大型犬は関節の病気にかかりやすい

犬はサイズが大きくなると、股関節形成不全ヘルニアなどの関節の病気にかかりやすいです。
1歳までの成長過程や、骨密度が落ちる老犬が発症するケースが多いです。
足に過度な負担がかかっていないかなど、飼い主も負担の軽減に配慮する必要があります。

 

 

目が大きい犬は目の病気に注意

チワワやシーズーなど、目が大きい犬種は愛くるしい容姿が魅力で人気があります。
しかし、犬は目の大きさと白内障緑内障などの目の病気リスクが比例します。

 

 

犬の死因の第一位はガン

人間と同じく死因の第一位はガンです。
ペットがかかる病気の全体の約50%がガンというデータも出ています。
すべての犬種が発症リスクがあり、末期ガンになると、辛い痛みを伴います。

 

中には、ガンになっても治療をせずに最期を待つ飼い主もいますが、ワンちゃんの苦しみを考えると、しっかり病院にかかるとよいでしょう。
最近ではガンに強いペット保険が増えています。

 

 

愛犬の虫歯予防は重要

犬も歯の手入れを怠ると虫歯になってしまう事があります。
定期的に歯磨きや、デンタルガムなどの虫歯、歯周病予防を心がけましょう。
犬の虫歯の治療は犬種によっては全身麻酔が必要な大掛かりなものになる場合もあります。
たかが虫歯でも膨大な治療費がかかる場合もあるので注意しましょう。

 

 

小型犬は心臓病にかかりやすい

犬がかかりやすい病気で、ガンに次いで多いのが心臓病です。
主に6歳以降の老犬に多く、年齢とともに発症リスクが高まります。
特に、心臓自体が小さい小型犬は発症リスクが高いです。
定期的に健康診断を受けたり、散歩を嫌がったり、食欲不振になったら受診するなど、早期発見に努めましょう。