毛玉はお手入れ不足の毛同士が絡まりあうことで発生してしまいます。

皮膚病にならないよう日頃から注意しよう

 

愛犬に毛玉はありませんか?近年の犬の中には少しでもブラッシングを怠ってしまうと毛玉が出来やすい犬種がたくさんいます。

犬の毛並みの手入れをする女性

 

一番よいのは毛玉が出来ないように毎日こまめにブラッシングをする事です。
よく、「毛玉が出来にくいと聞いていたから・・・」といわれる方もいらっしゃいますが、犬の毛も人間の毛同様、きちんとお手入れをしなければ毛玉が出来たりするのは当然です。

 

毛玉が出来てしまうのにはどのような原因があるのでしょう。また毛玉が出来てしまったらどのようにすればよいのでしょうか?

 

毛玉が出来る原因

毛玉は毛同士が絡まりあって出来てしまいます。
なぜ絡まりあってしまうかと言うと、毛の汚れ、毛のブラッシング不足、シャンプー時のドライヤーでの乾かし不足、毛の擦れなどです。
普段きちんとブラッシングでケアをしている方でも、首輪の部分などは毛玉が出来やすくなりがちです。ブラッシングは愛犬とのコミュニケーションにもなるので、できるだけ毎日行うようにしましょう。

 

毛玉が出来てしまったら

毛玉が出来ると、毛玉によって根元が引っ張られる為、皮膚に痛みが生じたり、汚れが溜まったり、皮膚が蒸れるなどして、皮膚病や皮膚に炎症を起こしてしまうことがあります。
そのため、毛玉を見つけたら早期に取り除いてあげる必要があります。

 

毛玉を取り除く為には、毛玉の根元を押さえて痛くないようにしてあげてから、コームやスリッカーなどを使って少しずつほぐしてあげます。犬用のリンスなどを薄めて使用すると、毛玉がほぐしやすいです。

 

あまりにもひどい毛玉の場合は、ハサミで少しずつ取り除いてみるか、トリミングサロンに相談してみるとよいでしょう。
無理やりハサミでカットすると皮膚を傷めてしまう場合もあります。

 

ペットの病気についてよく知り、予防に務めることが大切です。