玉ねぎやネギ、ニラなどネギ科の植物は中毒リスクが高いので注意しましょう。

犬に食べさせてはいけないもの

 

犬は好奇心旺盛で、目の前に与えられた食べ物は何でも食べようとします。
飼主がペットフードしか与えてなくても、他人が誤った食材をオヤツとして与えたり、ゴミ箱の残飯や食卓周辺に落ちたご飯をきっかけにトラブルに発展する事が多いので気をつけましょう。

 

犬は特定の栄養素に非常に敏感で、僅かな摂取量で急性中毒で死んでしまう事もあります。
ここでは、犬に食べさせない方がいい食べ物をまとめました。

 

 

危険度A

僅かな量で重症、最悪死亡に発展するリスクが高い、犬に絶対に与えてはいけない食材は次の通りです。

警告マーク

 

  • 玉ねぎ
  • プルーン
  • ネギ
  • ニラ
  • アボカド
  • チョコレート

 

この中でも、特にネギ科の植物は犬に与えると中毒リスクが高いです。
ネギを煮込んだスープや、チャーハン、コロッケ、ハンバーグなど、玉ねぎなどを含んでいる調理物を犬に与えてトラブルに発展する事例が多いので注意しましょう。

 

 

危険度B

大量に与えると、重症に発展してしまう恐れがある食材を、まとめました。
物によっては若干量であれば問題ない物もありますが、日頃から一切与えないように心がけましょう。

 

  • ブドウ
  • ドライフルーツ
  • するめ
  • キシリトール
  • ナッツ類
  • コーヒー
  • アルコール
  • レモン
  • 甲殻類

 

 

危険度C

重症や、アレルギー性は少ないが与えすぎると肥満や、虫歯、慢性疾患になる可能性が高い食べ物をまとめました。
ポイントは塩分や酸味、糖分が多い食べ物は原則犬に与えてはいけません。

 

  • 芋類
  • 柑橘系
  • お菓子系
  • 生肉、加工肉(人間用)
  • 緑黄色野菜
  • 魚介類

 

 

基本的に人間の食べ物を与える時は細心の注意をする

 

人間と犬は基本的に食べ物が違いますし、ドッグフードに含まれている食材でも、加熱の有無や、加工状態、一度に与える摂取量によっては、悪影響を与えるリスクがあります。
犬専用に作られた食べ物以外を与える時は、中毒性がある成分の有無や、正しい与え方を調べてから行うようにしましょう。

 

 

犬は食べ物に拒絶反応を示さない時も

 

犬によっては、本来犬が好まない食べ物でも、与えられると喜んで食べたり、飼主の人間と同じ物を食べる事に嬉しさを感じている事があります。
与えた時に犬が喜ぶ物は、与えてもいいものとは限らないですし、人間の食事や料理中に何か与えていると、それがクセになってしまう事もあるので注意しましょう。