全般的に暑さに弱い犬が多いので、暑さ対策をしてあげることが望ましいです。

犬の体温調節法

 

犬は本来、人間のように服を着る生き物ではなく、全身を毛皮で覆われています。
ワンちゃんを飼う時は、犬の体温調節方法を理解しておきましょう。

 

 

毛は夏と冬で生え替わる

 

人間は夏と冬で着る服が違いますが、ワンちゃんは夏用の毛と冬用の毛で季節ごとに生え変わります。
季節の変わり目には換毛期で毛が大量に抜ける時期があり、次の季節に対応できる毛に生え替わっていきます。

 

 

暑い時は舌をだして調整する

 

ワンちゃんは夏場や、散歩などで運動した時に舌を出しっぱなしにする事があります。
これは疲れているからではなくて、暑さに対応するために体温調節をする方法です。
夏になると、起きている時間はほとんど舌を出しっぱなしにする事もあります。

 

犬は人間と違って汗をほとんどかきません。
人間が暑い時に汗を掻いて体温調整するのと、犬が舌を出す事は同じと理解しておきましょう。

 

ただし、普段よりも舌を出す時間が長く呼吸が常に荒い時は病気の可能性もあるので、早めにどうぶつ病院にかかるとよいでしょう。

 

犬は基本的に寒さに強く暑さに弱い

 

犬は夏用の毛もありますが、常に全身を厚い毛皮で覆われています。
犬種によって、暑さに強い犬もいますが、全般的には暑さに弱い犬が多いです。

 

特に最近流行りの洋犬の長毛犬は、室内飼い専用で、夏に外に出しっぱなしにしていると、すぐに夏バテしてしまいます。
プードルやチワワ、マルチーズなどの小型の長毛犬は、猛暑日は家に人がいなくてもエアコンを付けっ放しにしてあげる配慮が必要です。

 

また、短毛で本来は屋外犬の柴犬はこれまで親子2代で4匹飼い繋いで来た方から、こんな口コミ投稿を頂きました。

これまで、亡くなっては新しく飼い始める形で1匹ずつ、4頭の柴犬を飼ってきました。
最初の2匹は完全に庭で屋外飼育してましたが、やっぱり短命でした。
先代と今飼っている子は室内飼いに変えて、夏バテする事も少なく長生きするようになりました。

 

このように、暑さに強いと言われている犬でも、ある程度は暑さ対策してあげる事が望ましいです。

 

 

洋服を着せるのはアリ?

 

冬の寒さ対策で洋服を着せる人がいますが、犬は本来、毛を季節ごとに生え換える事で季節ごとの寒暖差に対応しています。
もちろん、人間が冬用のコートを着てても、外に出ると寒いと感じる事があるように、ワンちゃんも寒さや暑さには敏感です。

 

しかし、冬の寒さの場合、散歩で少し運動すれば代謝が上がるので服を着ても防寒効果はそれほどありません。
犬によっては、服を着ることをストレスに感じて逆効果になる場合もあります。

 

ただし、幼いうちから洋服やレインコートを着せる癖を付けておけば、飼主がワンちゃんのオシャレを楽しんだり、雨の日にレインコートを着せて散歩に出かける事ができます。
また、服に慣れておくと、メスの生理やトイレの失敗ができない場面で、オムツを履かせられるメリットがあります。

 

犬の喜怒哀楽の見分け方